高校留学は多感で吸収力の高い10代若者にとって理想的な学習環境

SITEMAP

High School

TOPICS

価値ある高校留学の実現を目指して

考えている女性

高校留学を希望する子どもや親には、相応の希望と不安が共存していると考えられます。以下に、価値ある高校留学を実現するためのポイントをいくつか例示してみることにします。
⚫︎親子で十分なコミニュケーションを取ること
高校留学の決定にあたって、また高校留学中、留学終了後も含めて、親子で十分なコミニュケーションを取りながら、意思決定をしていくことが大切になります。互いにライフプランを描きながらコミニュケーションを取ると良いでしょう。
⚫︎高校留学エージェントの活用
分からないことはプロに聞いてみるのが一番です。高校留学エージェントが持つ、留学先に関する情報や、留学前に必要な準備に関する情報など、様々なノウハウを聞いてみると良いでしょう。きっと1人で悩んでいたことが、解消されるはずです。
⚫︎現時点での語学力だけで判断しない
高校留学にあたっては、語学力に不安を持つ方が多いと考えられます。しかしながら、留学先によっては、様々な留学生用の語学サポートプログラムなどが用意されていますから、その活用も視野に入れて考えてみると良いでしょう。
以上のように、自分に必要なポイントを、留学前に把握することで、より価値ある高校留学が実現するものと考えられます。

高校留学をお薦めする理由

10代のように若い世代は、精神的にも肉体的にも大きく成長できる期間です。特に、高校生などは日本語が母国語として習得されている上に、知識や経験が少ない反面、柔軟な発想や知識の吸収が容易な期間でもあり、高校留学で異文化に触れるには最適な年代だと言えます。なによりも、この様な世代は多感な時期でもあるので、本人自体がこういった状況で学びたいと最も欲しているのではないのでしょうか。
では、我が国の教育制度はそういった若い世代の要求に応じるような体制を築けているのでしょうか。考え方は様々でしょうが、少なくとも多様な価値観に触れることは中々難しい現状にあると思います。これは、そもそも我が国自体が異文化に触れるような機会自体が少ないためであり、しかたない事だともいえるでしょう。
そこでお勧めするのが高校留学です。高校留学で海外に出れば、自然と多様な民族や文化と触れ合うことが出来ます。また、様々な民族や文化が共存していることを目の当たりにする事が出来、おのずと視野や価値観が広がり、考える力を養ってくれます。そう考えれば、高校留学は多感で吸収力の高い10代の若者にとっては、理想的な学習環境だといえるでしょう。

高校留学先選びのポイント

高校留学を考えている場合、どの学校を留学先にするのかは最も重要な項目です。留学生を受け入れている学校は、私立は勿論のこと、公立校であっても独自のカラーを打ち出しています。例えば、スポーツに注力している学校や語学が中心の学校、はたまた芸術に熱心な学校や理科系に優れている学校など選択肢は豊富になっています。
ですから、高校留学を考えている場合には、各留学先の学校の特色を十分に調査し、自らの適性や今後の進路を勘案しながら留学先を選定するようにするといいでしょう。また、高校留学は基本的な英語の能力が求められますが、オーストラリアやニュージーランドにおいては、英語が堪能でなくても初歩的段階から英語力をつける事ができる、英語集中コースの『ESL(English as a Second Language)』が用意されています。
この様なカリキュラムは、オーストラリアやニュージーランドの公立学校であれば、ほとんどの場合同じ学校内にESLセンターがあるので、英語力に不安がある留学生であっても安心して高校留学をする事が可能です。
ただし、学校によっては『ESL』の力の入れ具合に多少のギャップがあるので、高校留学する際には『ESL』の内容や環境などを確認しておく事をお薦めします。

最近では、外国とのコミュニケーションが重要であるとして高校留学をサポートする会社というのが出てきています。そういったところを活用すれば、お得に高校留学ができるので、関心のある方にはぜひおすすめです。サポートの内容も非常に充実しているので安心して高校留学ができるというのも、おすすめするポイントです。

TOP